心療内科へ行き、うつ病のカウンセリングを受けよう

テクスチャ

歴史がある

障害年金の制度を受ける

傷病手当金の受給資格が切れてしまった後でもまだうつ病が治っていない場合、障害年金の制度を受けることができます。厚生年金や国民年金を払っている人に受給資格があり、受給することで、主に費用の面でメリットがあります。 障害年金には級が設定されています。うつ病で1級を取ることは難しいとされていますが、2級や3級を取ることは可能です。取る場合は2級を取ることを目指しておいた方が良いです。ただ、2級に合格することも簡単ではありません。 3級でも金額はもちろん需給されますが、6万円程度と安価な傾向にあります。家族がいる場合や年収などによっても変わってきますが、基本的には安価です。2級だと18万円程度と、1つ級が違うだけでも大きな金額の差が生まれます。

歴史に残る人物にはうつ病患者が多かった

うつ病が病気の一種として認識されるようになったのは、最近のことです。昔はうつ病の症状を発症する人はいたものの、うつ病という病気のメカニズムについては不明な点が多くありました。今では医療技術や知識も豊富になり、理解は深まっています。 歴史的に有名な人物は何らかの精神病を患うことが多かったです。特に、明治から昭和にかけての作家には、うつ病を患っている人が非常に多かったといわれています。 また、今と昔ではうつ病になりやすい人のタイプは違ってきています。昔は歴史に残るほどの偉業を成し遂げたり、精神病を患っていたからこそ大作を作り上げることのできた人が多かったです。しかし今では、うつ病が原因で仕事ができなくなってしまうという人がほとんどです。