心療内科へ行き、うつ病のカウンセリングを受けよう

テクスチャ

相談をしよう

仕事のストレスとうつ病について

近年、仕事や生活のストレスなどからうつ病になる人も少なくないといわれています。いわゆるバブル崩壊以降は終身雇用を謳っていた大企業であってもリストラによって人減らしを進めており、その影響で一人一人にかかる業務の負荷も増えてきているといわれています。以前はうつ病は精神的に弱い人がなるものだという認識もあり、社会的にもメンタルヘルスに対する対策というのはあまり普及していませんでした。しかし、今では企業側もメンタルヘルスのケアの重要性を感じるようになってきており、メンタルヘルス対策のセミナーの開催や、管理職へもパワーハラスメントについて注意するようになるなど、ここ数年で大きく環境が整備されてきていることにくわえ、うつ病などを対象とするメンタルクリニックも増えてきています。

早めの相談が重要です

うつ病の治療にあたっては、信頼できる専門医に相談して積極的に治療を受けることが重要だといわれています。過度に自分を追い込んでしまうと、結果として休職どころか退職せざるを得ない状況になってしまうこともあります。必ずしもうつ病の原因となった職場を退職することは悪いことではありませんが、無計画に退職してしまうと経済的にも困窮して、その後の生活に支障を及ぼす可能性もあります。早期の段階でしっかりとした専門医に相談して治療を行えば、その分回復も早くなる可能性があります。うつ病は現代では必ずしも特殊な病気ではなく、誰しもが環境の変化等によったかかりうる病気であるということを理解しておくということが重要になってきています。

第三者との協力と理解が欠かせないうつ病

うつ病は罹った本人でないとその辛さや症状と言った物は理解出来ない部分があるどころか、発症した初期段階では本人すら無自覚で悪化して手遅れになる可能性が高いのです。 一つにはうつ病自体への周囲の無理解と本人さえも同様にして知識が足りていない部分がある為で、それらを補う為にはある程度の情報収集と共に第三者との協力が不可欠となります。 出来る事なら家族だけで無く知人や友人ともそう言った連携を高めると良いのですが、素人ではなかなか難しい面もあるので専門医を見つけて定期健診的にそれらを利用するのも良いのです。 うつ病は精神的な病ではありますが重症化すると改善に関しては下手な病気よりも回復に時間が必要となりますが、早期的な発見で対処すれば比較的簡単に防いだり完治出来ます。

気分転換とストレス発散を上手に行う

うつ病は一人ではどうにか成る物でも無くまた放置する程悪化しますので、そう成った場合は医者に見せる他回復させる事は難しいのでそれらを念頭に置いておく必要もあります。 ただ自分のちょっとした気遣いによってこれらは回避できる事も事実ですので、そう言った点を押さえる事で発症するリスクはかなり押さえる事も出来るのです。 良くある方法としてはストレスを溜めずに適度に気分転換をすると言った事であり、自分の趣味に没頭したり友人などと楽しく会話するだけでも十分にその役目を果たします。 ただしその方法に関してイマイチ自分では効果を得られないと感じる様ならやはり医者と相談すべきであり、もしかしたら重症化している事も考えられるので一人で判断せずに客観的な見方を常に心がけるべきです。